(第6回)名言で英語を学ぶ

英語力のアップと共に、心にも栄養・活力を与える二度おいしいシリーズです。

本日の英語名言。
Without ambition one starts nothing. Without work one finishes nothing. The prize will not be sent to you. You have to win it.
⇒大志なしでは何もはじまらない。働かなければ何事もなし得ない。褒美はあなたに与えられるものではなく、あなたが勝ち取らねばならないものだ。

ラルフ・ワルド・エマーソン(Ralph Waldo Emerson)

  • 1803年5月25日 - 1882年4月27日
  • アメリカ合衆国の思想家、哲学者、作家、詩人、エッセイスト

〈単語〉

  • without/〜なしには、〜がなければ
  • finish/一般に終えると訳す単語ですが、ここでは、〜を完成する、成し遂げるの意味がふさわしいと思いました。
  • prize/賞、褒美の意味です。He won the first prize.「彼は一等賞を取った。」のように使います。

『have to』
基本的な意味は「~しなければならない」で、(=must)ということは中学校で習うことでもあり、覚えておられる方も多いと思います。 でも、この2つには違いがあり、[have to]は「客観的に~しなければならない」と思う場合に使い、[must]は「主観的に~しなければならない」と思う場合に使います。[have to]と[must]を間違えて使っても、意味が全く伝わらないことはほとんどありませんが、このような違いがあることを覚えておくことが重要です。

今回のエマーソンの名言ですが、まず「大志」=目的がなければ、そもそも何かを成し遂げることはできません。それが、志望大学合格であったり、事業の成功であったとしても、それによって何がしたいかという目的が、がんばりの原動力になるはずです。結果は誰かから与えられるものでなく、強く願い、努力し、あなた自身の手でつかみ取ることに意味があるのだと思います。


工藤塾公式HP《http://best-goals.net/》
なぜ今、医学部なのか:医学部へ進学という狭き門を切り開き、夢の実現のために読む無料プレゼント